« 昨年のブログ更新中 | トップページ | 自宅の新聞大整理 »

見送り

今朝東京に出発する地元の友人、村田田さんの出発を見送った。

普段私が見送られる立場が多いのだが、初めて友人の出発を見送る体験をした。

早朝のJR富山駅、気温は氷点下。入場券を買い、ホームで6時45分発の越後湯沢行き特急はくたかの始発を雑談をしつつ待つ。

私は専ら飛行機(稀に自家用車か高速バス)派なので、駅で見送るのは富山に引っ越してからは初めてである。

列車が滑り込み、田さんは列車に乗込み、私は手を振って見送る。別に珍しくはない事なのかもしれないが、何とも言えない寂しさを感じた。

今でこそ新幹線との乗継で3時間10分で東京に着けるが、昔はもっと時間が掛かった。見送り風景はあちこちで繰り広げられた事だろう。富山県出身者は首都圏にも多数いる。もしかしたら永遠の離別になるかもしれない別れを惜しむ人々、そのような光景に思いをはせた。以後の村田田さんの行程はこちらをご参照あれ。

|

« 昨年のブログ更新中 | トップページ | 自宅の新聞大整理 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/10079901

この記事へのトラックバック一覧です: 見送り:

« 昨年のブログ更新中 | トップページ | 自宅の新聞大整理 »