« リハビリ | トップページ | 久々にちょっと買物 »

住居の改善

私の現在の自宅は1Kのロフト付アパートである。

引越当時4LDKのマンションからの引越だった為、家の形見の大半を止むを得ず処分せざるを得なかったが、それでも段ボール200箱もの荷物に部屋が埋もれる始末であった。

先日会社の人の協力で借りた倉庫に段ボールの大半を持っていったが、それでもまだまだ整理する余地は大きい。

又、エアコン完備なのだが型式が古く、ベランダの上に吊るしてある室外機から水がポタポタ垂れ、下に置いてある洗濯機を濡らす有様。アパートは会社借上げなので、昨日会社の総務にその状態を話し、直してもらうようお願いした。

今日午前中のお勤めを終え昼食を取った後未だ疲れがあるのか眠ってしまった。その間呼び鈴が鳴る音と外で何か作業をする音がかすかに聞こえたが、そのまま気が付いたら夕方まで眠ってしまっていた。

さっきのはエアコンの修理の音だったのかな、と思い室外機を見ると水を逃す管が接続されていた。

「始めに言葉ありき」とは聖書の一節であるが、何かあった際は「察して貰う」だけでは何も進まないな、はっきりと言わないといけないな、と思った。

但し自宅はロフト付の為エアコンだけでは部屋が暖まらず転勤を見越して買った石油ファンヒーターも稼動させているが、これはいたし方がないな…。

後は半日働いただけで疲れて眠ってしまう気力体力の回復が課題である。リハビリの道はまだまだ遠い。

|

« リハビリ | トップページ | 久々にちょっと買物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/10143333

この記事へのトラックバック一覧です: 住居の改善:

« リハビリ | トップページ | 久々にちょっと買物 »