« 富山在住の悲哀 | トップページ | 昨年のブログ更新中 »

半身不随

折角不特定多数の皆様に見て貰うブログを書いているのだから明るい話題を書きたいのだが、無理矢理現状をねじ曲げて書くのも何かと思うし、誰かの参考になるかもしれないので、敢えて記す。

現在私は鬱病患者、所謂「メンヘル」を患っている。その為一時期精神的に最悪な状態になり、約2ヶ月の病欠を余儀なくされた。

今は半日勤務でリハビリ中であるが先週以来風邪と部屋の整理で重い書籍の詰まった段ボールを運んだりしていたので腰を痛めてしまい会社を休んでいる。

そうなると上司には説明するものの同僚の視線が気になり出社が怖くなると言う悪循環に陥ってしまった。

今日神経科に行き事情を話したが、さも「折角半日勤務の診断書を書いてあげたのにどうして会社を休むのだ」と言わんばかりの対応で、1週間休業の診断書を書いてくれたものの、診断書を書く際もリハビリが順調にいっていないのに苛立っているのか1通書き損じ、クシャクシャにしてゴミ箱に放り投げる始末。
こうなると患者は「医師にも見捨てられるのではないか、と不安になってしまう。

今でも微熱が続く中、何とかかたを付けたい。

私だって仕事がサボりたくて病欠している訳ではない。どうしても自分がやらないと分からない仕事は会社から電話を受け、出社して片付けているのだから。

てんこ盛りの薬を毎日飲んで、決して安くはない医療費を払っている生活から抜け出したいのは私自身である。
でも精神力が弱いのは何とかしないと、病気だからと甘えずに自分自身の努力が鍵なのだろうな…。

|

« 富山在住の悲哀 | トップページ | 昨年のブログ更新中 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富山在住の悲哀 | トップページ | 昨年のブログ更新中 »