« 確か2年振りの札幌訪問 | トップページ | 札幌オタショップ巡り »

札幌同人誌即売会、「Elysian 8」参加

ホテルに戻った後疲れで「寝落ち」状態で熟睡し、朝を迎える。

以下時系列的に記す。

7:30 起床。ホテルで朝食だがパンとスープだけだったので少々物足りないが、すすきのまで歩ける範囲で超ピークシーズンの雪祭り期間中に1泊6,500円なので泊まれるだけましか…。しかもLAN付いているし。080210_065001

8:30 富山では観られない(富山にはテレ朝系のテレビ局がない)「Yes!プリキュア5GO!GO!」を鑑賞。それにしても同じキャラでタイトルを変えて延命策を講じるとは、手を変え品を変え何時まで続くのだろう。また主題歌覚えないと(爆)。

9:30 同人誌即売会用の道具をホテルを出発。地下鉄で中島公園からさっぽろまで移動。明らかに外国人と分かる集団が多い。例えば台湾や香港では「北海道」と付いただけでブランド品になってしまう位の人気であるが、どれだけの経済効果を生んでいるのだろう。

10:00 会場の「アスティーホール」に到着。入居している「アスティー45ビル」には北海道の旅券事務所が入っているらしく、写真や収入印紙、道収入証紙、旅行グッズを扱う店が並んでいるが日曜日なので閉店している。

10:15 サークル入場開始。設営。配置場所は窓に面した「壁側」であり、日差しが暖かい。Elysian8

11:00 あっと言う間に時間が過ぎ、オールジャンル同人誌メイン即売会「Elysian 8」開始。BGMはジャズが流れており、落ち着いた雰囲気。一般入場者も少なめ。

この即売会には昨年9月の前回委託参加(同人誌を主催者に送って主催者に売って貰う方式)して大好評を得たが、「前回買いました」と声を掛けてくれる人が多いが、なかなか新たな購入にはつながらない。

しかし1人の一般参加者から「感想を認めました」と手紙を貰う。

ファンレターだー!!

因みに私が出している同人誌は「各地の新聞のデータベース」と言う代物で、例えば駅のキヨスクにも置いていないようなローカルな新聞のデータが載っていたり、全国紙で印刷所からの距離や道路事情等で紙面が差し変わる境界線を殆ど実地調査で調べ上げた本である。昨年大晦日東京ビッグサイトで開催された「冬コミ」こと「コミックマーケット73」で北海道から始まり足掛け3年余りで沖縄まで全国網羅を達成した。

特に「北海道編」に至っては北海道網走市で発行されているローカル新聞にも記事として取り上げられ、それを見た「北海道立図書館・北方資料部」から引合いがあり、有償で納品した。

12:00 最初の1冊が売れる。同人者の間では売上ゼロの事を「坊主」と呼ぶが、今回は坊主にならずに済んだ。ちょっと安堵する。

12:15 主催者さんに差入れを渡す。「薬都」富山から来ただけあって渡したのはお菓子と富山地元メーカー製のタウリンが「リポビタンD」の3倍、3,000mg入っている栄養ドリンクマージョンDX 3000!!名前からして怪しい(笑)。

12:30 わざわざ網走から友人が来てくれた。知り合ったきっかけは何とヤフオク。現在は古本屋を営んでいる。

13:30 3年前釧路の同人誌即売会で知り合った同人サークル「島西工業」の島西さんが到着。

14:30 札幌在住の友人が来てくれた。この人も知り合ったきっかけはヤフオク。それにしてもヤフオクをきっかけにしてお互い知り合い、実際に会い、年賀状を交わし、その関係を4年近くも維持しているとは、北海道民は情に篤いな、と思う。

15:00 即売会終了。撤収開始。段ボール2箱に同人誌の売れ残り、道具、今回の「戦利品」を詰込む。

15:20 島西さんも交え4人で会場を出る。近くのローソンでゆうパックで発送。ゆうパックのいい点は重量30kgまでなら重量に関係なくサイズだけで計算される点。宅急便だと重量も加味されるので、本の詰ったこのような荷物だとワンランク上の料金になってしまう。

因みに余りにも発送回数が多いので、ゆうパック、ヤマト宅急便、日通ペリカン便の3社の自宅発、自宅宛(発払、着払両方)の伝票を印刷してもらっていて、地元の配達員にはすっかり顔が割れている。

15:45 JR札幌駅構内の1箇所だけ空いていたコインロッカーを目敏く見つけ、大荷物を放り込む。080210_160202

15:50 雪祭りの大通会場に向けて歩く。JR札幌駅~地下鉄大通駅までの距離は1キロも離れておらず、地下街があればさぞかし賑わうのではと思うのだが現在地下道工事中の状態。

一説には地下道を造るとこの1区間の地下鉄利用者が減るので大赤字を抱える札幌市交通局が造るのを渋ったとか。(因みに札幌市営地下鉄は南北線、東西線、東豊線の3路線で構成され、特に南北線は公営地下鉄では珍しい黒字路線となっているのだが東豊線の利用客数が予想を下回っており建設費償却が収支を圧迫している)080210_161001

16:00 世界中から来た人ごみの中大通会場に到着。雪像を見て周る。080210_160501_2

16:50 島西さんが仕事の為テレビ搭前でお別れ。次回会えるのは冬コミか、年内か。080210_162301

17:00 気温が氷点下を突破し寒くなったので地下街に入る。丁度入った所に沖縄物産ショップ「わしたショップ」があったのでここは未知の飲物に挑戦して貰おうと(笑)A&Wルートビアをお2人に飲んで頂く。札幌の友人曰く「これは結構いい」、網走の友人曰く「何だかよく分からない味」。080210_162302

18:00 地下鉄で札幌駅に移動、JRタワー内のコーヒーショップで一息。道内の景気の話や小泉改革の話題で盛り上がる。080210_185401

19:00 JRタワーの展望台に上る。札幌の整然とした碁盤目状の町並の夜景が綺麗に見える。札幌は北海道開拓の際に島義勇さんの設計により人工的に造られた町であるが、本当に大都市である事を実感する。それに明治以前「蝦夷地」と呼ばれたこの地を「北海道」と名付けた松浦武四郎さんは本当にいい名前を与えたものだと思う。080210_191301

19:30 下に降り、旧そごうのエスタ10階の「札幌ラーメン共和国」内の釧路ラーメンを謳った「塩屋ゆうじろう」で3人とも「時鮭ラーメン」を頂く。鮭の切り身が塩ラーメンに載った豪快な見栄え、味はあっさりしている。この場で1度食べたらトラウマになる味として名古屋の「喫茶マウンテン」の話題を出すと、話が盛り上がった。080210_195201

20:30 札幌の友人と別れる。網走の友人とは同じ中島公園駅最寄のホテルと言うので地下鉄で一緒に移動。

21:00 ホテルに戻る。高校時代の親友に電話。話している最中に札幌駅のコインロッカーに荷物を置きっ放しにした事を思い出す。080210_205001

21:30 地下鉄でさっぽろへ戻り、荷物を引きずり出す。帰りはタクシーにした。東京が値上げした影響か、札幌のタクシー初乗り料金も50円上がって小型650円になっていた。

22:15 ホテルに戻る。ベッドに倒れ込み、そのまま「寝落ち」…。

今日買った新聞:

「北日本新聞」朝刊→宅配購読

「富山新聞」10版→宅配購読

「北陸中日新聞」10版(統合版)→宅配購読

「北國新聞」朝刊8版

「北海道新聞」朝刊16版

「中日スポーツ」3版

「道新スポーツ」10版

|

« 確か2年振りの札幌訪問 | トップページ | 札幌オタショップ巡り »

同人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/10416546

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌同人誌即売会、「Elysian 8」参加:

« 確か2年振りの札幌訪問 | トップページ | 札幌オタショップ巡り »