« 確定申告 | トップページ | 自宅の整理更に進む »

金沢に行く

今日は医者に通院し、現状を説明。呼ばれるまで大分待った。その間に新聞6紙を読破する。

前回とは打って変わって先生の応対は穏やかであった。睡眠リズムを回復する為の期間として2週間の半日勤務が望ましい旨の診断書を貰う。

その後、アニメグッズの全国チェーン店「アニメイト」の富山店の小さな店舗で品切れになっていたアニメのDVDを買うべく、金沢なら富山より大きいだろうし揃っているだろうと思い北陸道を金沢に向かって車を走らせた。時間が既に夕方に近く、金沢東ICで高速を出た時にはETCの通勤割が適用された。

金沢市内中心部は道が渋滞している上週末なので駐車場の確保が難しいであろうと考えJR金沢駅西口のコイン駐車場に車を停める。北陸の中心都市の駅前であるが西口は裏口的意味合いが強く、駐車場代は45分100円と格安。

新幹線開通を見越して高架化された金沢駅を横断し、そのついでにキヨスクで石川県の県紙「北國新聞」と金沢で発行されている「北陸中日新聞」の朝夕刊と「中日スポーツ」、富山県高岡で発行されている「読売新聞」の夕刊、そして唯一JR金沢駅キヨスクで売っている「福井新聞」を購入。富山県の「北日本新聞」、「富山新聞」も売っているが自宅で宅配購読しているのでパス。

正面口的意味合いが濃い東口から北鉄バスに乗り、中心街、香林坊へ向かう。このバスのICカード「アイカ(ICa)」は財布に入っている。富山と違って金沢は第2次世界大戦中に空襲を受けなかった事もあり都市計画が遅れ、この10年程でやっとかなり整備が進んできた。

でも未だ入り組んだ町家に面した小道も多く、それが又観光客を呼ぶ要素になっている。尚、金沢は一応小京都ではあるが、街の雰囲気が似ているだけで起源は異なる。京都は公家文化の町であるが、金沢は加賀百万石前田家が築き上げた武家文化の町である。結構住民のプライドが高い感じもする。一昨年導入された「ご当地ナンバー」施行の際金沢ナンバーも設けられたが、現在登録台数は仙台ナンバーに次いで多いと言う。

但し全国的に知られた観光地である金沢であるが、その背後にはかなり富山の資本が入り込んでいる。例えば、「北陸電力」、「北陸銀行」の本社は金沢市ではなく富山市であるし、「第2次富山書店戦争」と地元紙に報じられた程富山拠点の書店チェーンが金沢周辺に店舗展開を競っていて、金沢拠点の書店チェーンが1つ潰れた程である。又、富山地場のスーパーも1つ金沢周辺に店舗展開をしており、安売り競争を繰り広げている。言わば金沢は「目立つ北陸の表玄関、政治、文化都市」だが富山は「目立たない北陸の裏玄関、経済都市」か。

話が脱線した。

香林坊でバスを降りる。人通りの多さは富山の中心街、総曲輪の比ではない程多い。しかしここの「香林坊109」の地下にある書店は富山拠点の書店である。

通行人に混じり、北陸随一の歩行者天国のショッピング街、竪町に入る。この道を少し歩いた所にアニメイト金沢店がある。店舗はビルの3階にあり、ドールメーカーの「ボークス」のショールームも併設されている。お目当てのDVDはすぐ見付かった。でも店舗は想像したよりは狭い。やはり北陸はヲタクに厳しい、との印象を持ってしまう。金沢でさえ狭い店舗だとは。

只自省すると富山で入手出来ないブツの多くは秋葉原日本橋で調達していた。地理的に東京にも大阪にも程々の距離で行けると言う点が地元の店舗面積が狭くても事足れり、とされたのかもしれない。

今回ボークスで衝動買いしてしまったのはこちら。

かすたまP 夜明け前より瑠璃色な フィーナ・ファム・アーシュライト Toy かすたまP 夜明け前より瑠璃色な フィーナ・ファム・アーシュライト

販売元:ボークス
発売日:2007/12/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

買物を済ませると19時。人通りは少なく、辛うじて開いていたドトールで一服してからバスで金沢駅に戻り、車を出してから国道8号線経由で帰途に就く。

県境を過ぎ、高岡を過ぎてすぐの富山では現在の所最大級の書店である明文堂高岡射水店に立寄る。ここでかなり長く時間を割いてしまい、帰宅は日付が変わる直前になってしまっていた。

|

« 確定申告 | トップページ | 自宅の整理更に進む »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/10222958

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢に行く:

« 確定申告 | トップページ | 自宅の整理更に進む »