« 初めての車での関西入り | トップページ | 中距離フェリー乗船、そして四国上陸、親戚訪問 »

旅行・公共交通系同人誌即売会サークル参加及びイベントもう1つ

滋賀県大津市のビジネスホテルを4時半に起床。何故こんな早朝に起きたのかと、言うと大阪日本橋で1大(?)イベントがあるので参加する為である。

集合時刻は朝7時。5時半にホテルを出る。

大津ICから名神高速に入る。この時間の高速道路の主役はやはりトラック。初めての関西の道なので、地図をチェックしつつ慎重にハンドルを捌く。

名神豊中ICで名神高速を降り、引続き阪神高速に入る。勿論初めて。

梅田の横を通過し、環状線に入る。首都高速と違い阪神高速の環状線は時計回りの一方通行なので間違えてあらぬ方向に行かないよう常に標識を見ながら走る。

なんばランプで高速を降り、日本橋タイムズ駐車場に7時前に到着。既に同士が待ち構えていた。

このイベントはmixi上で計画されていたもので、今日たまたま新大阪のセンイシティーで「魔法少女リリカルなのは」限定同人誌即売会が開催されるので、「なのは」の痛車使いは当日日本橋タイムズ駐車場に集まろうと言う企画があったのである。

私自身は別の「旅行・公共交通系同人誌即売会」に参加するが「なのは」の痛車使いなので話しに乗った訳である。

760118843_146s 760118843_216s 総計19台の「リリカルなのは」の痛車が集まった。お馴染みの車両から初めて見る車両まで様々。関東から乗り付けてきた人も数人いる。

中には即売会のスタッフやサークル参加者もいて7時過ぎに自己紹介の後一斉に写真を撮り、数台の車は駐車場を去っていった。他の人も集まって地下鉄で新大阪に行ってしまった。

私は別の即売会にサークル参加なので、近所のドトールでコーヒーと言う名のガソリン補給と朝食。この時点の時刻は8時過ぎ。

暫くしてからこちらの本番である会場に向かう。場所は本町のシキボウホール。初めての会場である。

9時過ぎに難波から地下鉄御堂筋線で北に2駅移動し、本町で下車。会場入りする。

サークル入場後、予め送っておいた同人誌と道具の詰った段ボール2箱を受取り、設営。

760201930_228s 760201930_147s こんな感じで設営完了。既に14種類の同人誌を出しているのでスペース確保に苦労しており、かなり立体的になってきている。

設営の後チラシ撒き協力をしている同人誌即売会のチラシをチラシ置き場に置いて知合いのらむ。さんに挨拶を交わし、11時に一般入場開始。思ったよりも多くの参加者が入ってきた。

でも我が「横浜新聞研究所」は厳密に言えば「旅行」ではなく「評論・情報」ジャンル。鉄道系の同人誌が多い中、なかなか見本誌に手を取って貰えない。私の場合はこの即売会の主催者に同人誌の内容を話した上で出てもいいのかどうか相談して、旅行関連なので可、と返事を貰ってから参加したのである。

途中らむ。さんに店番を代って貰い、コンビニに水と軽食を買いに行く。富山県にはないミニストップだったのでイオンカードに付いていたイオン系の電子マネー「waon」を使って支払ったが、引落時に本当に「ワオン」と言うのには驚いた。

戻ってから一回りしてサークルスペースに戻る。

何とか頒布冊数は2桁に達した。15時に即売会終了。でもこの即売会の真骨頂はアフターイベントのじゃんけん大会である。

どこから入手したのか分からないがレアグッズが出ており、私も富山ライトレールのICカード乗車券「PASCA」を放出した。それが景品に出ると次々と手があがり、じゃんけんで奪い合いになる。利用範囲は富山ライトレール、富山市街地コミュニティーバス、総曲輪グランドパーキングだけなのだが、コレクターなのだろうか。

そう言う私もお宝を2つ入手した。

17時頃全てのイベントが終わり、らむ。さん達と一緒に出る。今回会場から発送出来るのがゆうパックで、次回参加の即売会がヤマト宅急便指定なのでシキボウホールが入居している敷島ビルの前に集荷して貰うようヤマト運輸に電話する。

それがなかなか来ない。皆を待たせているので、苛々し出すが、30分程して台車で集荷が来た。てっきりトラックだと思っていたので意外である。段ボール2個と宅急便の回数券を出して発送完了。

それかららむ。さんお勧めのラーメン屋にと言う事で地下鉄で難波まで移動し、吉本新喜劇でお馴染みのなんばグランド花月横のラーメン屋で夕食。

確かに旨い上、ご飯が無料で食べ放題である。

時々思う。幾ら落ち込んでも、辛い目に遭っても、美味しいものを食べると「生きててよかった」と。

19時過ぎ、らむ。さんとは別れ日本橋のタイムズ駐車場に戻る。今朝集合した殆どの「なのは」の痛車は撤収していたが、別の痛車が来ており名刺交換をして少し話をする。

760538878_242s_2 それから同人ショップに行き数冊購入後、一息入れようと店頭にケバブがあるトルコ料理店でトルコ式コーヒーとケーキを頂く。コーヒー抽出の仕方が根本的に違っており、カップの底にコーヒーの粉が残る。現地ではその残った粉の固まりの形状で占いを行うと聞く。

秋葉原でもそうであるが、ケバブは電気街に付き物になっているのであろうか。

20時過ぎに次の目的地、神戸港フェリーターミナルに向かうべくタイムズ駐車場を撤収。地図を頭に叩き込み四ツ橋筋に出て湊町ランプから阪神高速に入る。環状線から神戸線に入る所で合流に割り込めずウィンカーを点滅させて停まっている車を数台見かけた。首都高速では先ずあり得ない。

神戸線に入って途中武庫川から別料金になる。これは首都高横羽線でも同様なので慣れているが、ふと見るとスバル・インプレッサの痛車を見掛けた。

付いていって途中で車線変更し並走状態で窓を開け手を振る。そのまま神戸・生田川ランプまで並走していった。

私は神戸・京橋ランプで高速を降り、高松行きのジャンボフェリーの乗場に行く。四国に渡るには現在は明石海峡大橋や瀬戸大橋など道路でも直結されているが、実はフェリーの方が航送料が安い。神戸~高松を3時間40分で結んでいるジャンボフェリーも往復の航送料が割引かれており、1万円を切っていた。しかも0時30分発、4時10分着の夜行便もある。

特にこの間休憩が出来るトラックには好評なのだろう、と邪推する。

少し早めに着き過ぎたので一旦フェリー乗場を後にしてポートアイランドに渡り、コンビニで水・食料の補給とガソリンスタンドでガソリンを満タンにする。

フェリー乗場に戻り、0時の乗船開始を待つ。

|

« 初めての車での関西入り | トップページ | 中距離フェリー乗船、そして四国上陸、親戚訪問 »

同人」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/12419728

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行・公共交通系同人誌即売会サークル参加及びイベントもう1つ:

« 初めての車での関西入り | トップページ | 中距離フェリー乗船、そして四国上陸、親戚訪問 »