« 車、戻る | トップページ | 同人イベント評論家との邂逅 »

通院と富山市街地逍遥

今日は通院日。幸い好天だったので車で行かずに公共交通機関で行った。

ラッシュ時を過ぎたバスの車内はお年寄りで埋っている。以前職場の同僚に聞いたが自宅最寄のバスが走っている国道41号線にはもっと多頻度且つ長距離のバス路線もあったとの由。現在でも市街地方向の1車線が朝バスレーン規制が敷かれているが、現在当該時間中に走っているバスは僅か4本。

相変わらず病院は混んでいて、2時間近くの待ち時間の間に新聞6紙を読破。

ようやく呼ばれ、先生に昨夜親友と電話で話した事などを話した。

先生曰く、

「今は無理せず自分のいい点を3つだけでも見付けてみよう。」

「コーヒーは控えた方がいい。」

「少し好転しているようなので薬は今のまま2週間分処方して様子を見ましょう。その間具合が悪くなったら遠慮なく言って下さい。」

会計を済ませ薬を受取ると既にお昼。中心街総曲輪を歩くが人通りはまばら。

昨年9月に開店した再開発ビル「総曲輪フェリオ」にある紀伊国屋書店を覗くが人は少ない。富山は書店に関しては新聞に「第2次富山書店戦争」と言われるほど地元書店チェーンの競争が激しく、郊外に大規模な店舗を次々と建てている。品揃えに関しても大手書店に比べ遜色ない。

「第2次富山書店戦争」に関してはこちらを参照の事。

総曲輪を離れると雨が降り出した。慌ててコンビニに駆け込みビニール傘を買う。すると雨が止み、晴間まで出てきた。

恐るべし「マーフィーの法則」!!

市役所とアニメイトに寄り、JR富山駅に。ふと見ると、酸素をチューブで吸入しつつ車を運転しているお年寄りがいた。私の住んでいる地域は地鉄の駅から歩いていけるしそれなりにバスも走っているので未だ恵まれている方かもしれない。

地鉄の電鉄富山駅構内のドトールで一服し、夕刊を買って帰宅した。

|

« 車、戻る | トップページ | 同人イベント評論家との邂逅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/11073591

この記事へのトラックバック一覧です: 通院と富山市街地逍遥:

« 車、戻る | トップページ | 同人イベント評論家との邂逅 »