« 日常から非日常へ | トップページ | 一気に移動 »

東奔西走

前夜22時過ぎに自宅を出て、ガラガラの富山地鉄で富山駅まで出て23時発の大阪行きの夜行高速バスを待つ。

その前に22時50分発の富山地鉄と西武バスと共同運行の東京行き高速バスがあり、そちらはバス3台も出る盛況振り。対して大阪行きは1台。大阪行きは富山地鉄と阪急バスと共同運行で、今回は富山地鉄の車両だった。車内は3列独立シートで座席を深く倒した上、足を前に投げ出して眠れるようになっている。

ほぼ満席で出発。途中総曲輪と砺波駅南でも乗客を拾い、運転席と座席の間にカーテンがしかれ、消灯されて睡眠態勢になる。

何とか眠れて、気が付いたら京都市内に入っていた。雨降りしきる早朝5時過ぎのJR京都駅烏丸口で下車。眠い目をこすりつつ先ず近鉄の駅に行き、富山の旅行代理店で買った関西一円の私鉄・地下鉄・バスで使える「スルッとKANSAI 2dayチケット」のバウチャーを磁気カード式の乗車券に引き換える。このチケット、東は三重県伊賀市の近鉄青山町駅から西は兵庫県姫路市の山陽網干駅まで、北は滋賀県大津市の京阪坂本駅から南は和歌山県和歌山市の南海和歌山港駅まで広範囲に任意の2日間(即ち「飛び石」可)使えるので、利便性は高い。

今日はこの切符をフルに使う。

先ず京都市営地下鉄烏丸線に乗り北上、烏丸御池駅で東西線に乗換え1月に開業した太秦天神川駅に行く。

750000660_249

国内地下鉄全線乗車、達成!!

でも3月30日に横浜市営地下鉄グリーンラインが開通するのでタイトル維持は僅か1週間であるが…。

ともあれ大記録達成の後、地下鉄東西線を折り返し、山科で下車。そろそろ動き出したJR山科駅の駅そばで「にしんそば」を食べ朝食。身欠き鰊の甘露煮が柔かくて美味しい。

750014158_146

それからキヨスクで「京都新聞」と「サンケイエクスプレス」を買い、JRに乗り大津に行き、「京都新聞(滋賀版)」と「中日新聞」を購入。

京都に戻り近鉄に乗換え、奈良県の大和西大寺で下車。「奈良新聞」と一旦休刊の後復刊なった「奈良日日新聞」を購入。特に「奈良日日新聞」は休刊前は近鉄沿線を中心に広い範囲で買えたのだが復刊後即売している箇所が極端に限られたので、今回が復刊後初の入手と相成った。

その後近鉄で更に南下し大和八木で大阪線を東方向に乗換え、山間を走りつつ三重県の名張で下車。ここで「中日新聞」、「中日スポーツ」、「伊勢新聞」を購入。

750116008_108

名張からの帰りは特急を奮発し、一気に大阪に向かう。車内は休日の大阪へ出向く乗客で賑わい、あちこちで嬌声が聞こえる。

上本町で「大阪日日新聞」を購入。発行者が「ザ・プレス大阪」から「新日本海新聞社大阪本社」に変更されていた。この新聞は元々大阪発行の夕刊紙であったが、「日刊ゲンダイ」、「夕刊フジ」、「東京スポーツ」の大阪進出に押され鳥取県の「日本海新聞」の傘下になり、朝刊紙に転換して「大阪の地元紙」を旗印に再起を図ったが「(東京から独立した編集の)大阪本社発行の全国紙が地元紙」と言う大阪人の意識は変えるのが難しく、発行部数は僅か7,700部余りと言う惨状になっている。

又、上本町駅構内に「シアトルズ・ベスト・コーヒー」があったのだが昨年12月FC権を持つ会社が倒産し、別ブランドになっていた。

それから難波に出て大阪市営地下鉄御堂筋線で梅田に出て、「神戸新聞」、「内外タイムス」、「東京新聞」を購入。更にヨドバシに行きパソコンのセキュリティーソフトを購入。今までノートンを使っていたが、丁度やっていたロシアの「カスペルスキー」のデモ映像を見てこちらに乗換えを決めた。

再び難波に戻り、コインロッカーに一旦溜まった新聞を放り込み、日本橋でんでんタウンに向かう。時間は1時過ぎ、丁度いい頃合である。

先ず「オタロード」と呼ばれるアニメ・同人ショップの集まっている通りを歩き、アニメやゲームのシールを貼った「痛車」が集結する事で有名な「タイムズ難波パーキング」を覗くと予想に違わず20台以上の痛車が停まっていた。

しかし3月30日はもっと凄い事になる…(謎)。

「日本橋ストリートフェスタ」開催中は日本橋ではコスプレでねり歩いても公認なので結構レイヤーさんが多い。

一通り見た後大阪に行く度に寄っているメイド喫茶に入る。混雑していて20分ほど待った。秋葉原では「アキバは買物メイン」と割り切ってしまっているが、この店は落ち着ける上無線LAN完備、メイドさんに一声掛ければパソコンの電源使用も出来るので落ち着ける。

小1時間居た後、歩行者天国が解除された堺筋を南下し地下鉄堺筋線恵美須町駅から天下茶屋に移動。南海に乗換え、特急で一気に和歌山市に。ここからJR和歌山駅キヨスクで「わかやま新報」と「紀伊民報」を購入。再びバスで南海和歌山市駅に戻る。途中和歌山市の繁華街を通るが人気は少ない。ここも空洞化が進んでいる。

こうして京都、滋賀、奈良、三重、大阪、兵庫、和歌山の新聞を入手し、しかも「日本橋ストリートフェスタ」まで見物出来た、充実した1日を過ごし、千日前にあるビジネスホテルに投宿した。

部屋でヨドバシで買った「カスペルスキー・インターネットセキュリティ」をインストールして再起動させるが、少々玄人向けのようで設定に少々手間取った。

|

« 日常から非日常へ | トップページ | 一気に移動 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/11624122

この記事へのトラックバック一覧です: 東奔西走:

« 日常から非日常へ | トップページ | 一気に移動 »