« 金沢同人誌即売会参加 | トップページ | 疲労感抜けず »

確定申告完了

悪戦苦闘の末、やっと確定申告が完了した。

自宅で気軽に申告が出来る、とのフレーズに惹かれてe-taxを使ったが、正直言って使い辛い。これをインターネットは勿論、パソコンにさえ触れた事のない高齢者層にまで浸透させるのは恐らく不可能であろう。

先ず、「住民基本台帳カード」を準備しなくてはならない。その発行手数料が500円、更にそのカードに「電子証明書」機能を付加させるのに又500円。しかも市役所や役場に行かなくてはならない。

そしてカードはICチップが付いているのでICカードリーダーを準備しなくてはならない。これが家電量販店で約3500円するが、100満ボルトには置いてあったのにヤマダ電機には置いていなかった。

日立 公的個人認証サービス向けUSB接続ICカードリーダー・ライター HX-520UJ.J

日立 公的個人認証サービス向けUSB接続ICカードリーダー・ライター HX-520UJ.J
販売元:イーベスト
イーベストで詳細を確認する

SHARP ICカードリーダー RW-4040 接触型ICカードリーダライタ 公的個人認証サービス(電子申告等行政サービス)対応 SHARP ICカードリーダー RW-4040 接触型ICカードリーダライタ 公的個人認証サービス(電子申告等行政サービス)対応
販売元:murauchi.co.jp
murauchi.co.jpで詳細を確認する

パソコンには「公的認証機関」とe-taxソフトのダウンロードをして、ICカードリーダーを接続してセットアップ。

e-taxソフトをインストールした後税率計算の開始。しかし計算は必ずしも自動計算ではない。電卓を叩いて医療費の合計額と不動産売却額の計算を進める。それをパソコンの画面上の確定申告書B様式に入力していく。

やっと付属書類(医療費明細)の作成も終わってチェックをして、書類に「電子署名」を施そうとICカードリーダーを取り付けて「住民基本台帳カード」を挿入。しかし何故かカードの認証が出来ない。説明書を読んでもホームページを見ても対処法が分からず、カードリーダーのメーカーのサポート窓口に電話をするが「…只今電話が大変混み合っております。」…。

辛抱強くテープを聴いていると対処法が幾つか流れ、その中で「公的認証機関」のセットアップの際にICカードリーダーの設定をしたか、とあったので、電話を切り、「公的認証機関」セットアップ用CD-ROMを入れるとICカードリーダーの設定画面があったので、そこで設定をする。

再びe-taxソフトを立上げ電子署名をすると今度はあっさりと成功。そのまま税務署にデータを送信した。

それにしても1回限り5000円の控除が出来るが導入コストが5000円弱、更にそれに要する手間を考えるとe-taxは本当に便利なものなのだろうか。

税務申告に乗じて普及が進まない「住民基本台帳カード」の普及を狙ったものではないか、と邪推する。

そのまま疲れ切って珍しく0時前には床に臥した。

|

« 金沢同人誌即売会参加 | トップページ | 疲労感抜けず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/10941824

この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告完了:

« 金沢同人誌即売会参加 | トップページ | 疲労感抜けず »