« 網走初(?)の同人誌即売会サークル参加 | トップページ | 富山に帰還 »

本州に帰還

朝10時頃流氷堂さんの迎えを受け、中心部にあるミスドで簡単に朝食を取り、国道39号線を旭川方向に走る。網走よさらば、また何時か見えん事を。

少々時間があったので女満別を通り越して美幌まで足を伸ばす。JR美幌駅のキヨスクで「美幌新聞」を購入する。この時の気温は摂氏1度。東京では桜の開花宣言が出ているのだが。

754198341_114折り返し女満別に戻り、「道の駅めまんべつ」に寄る。目的は1日30食限定の「さくら豚丼」を食する事。

北海道で言う「豚丼」とは、吉野家他牛丼屋チェーン店が米国からの牛肉禁輸で牛丼が出せなかった時に窮余の策として出したものとは全然違い、十勝で鰻丼をイメージして開発された丼物であり、帯広駅前の「ぱんちょう」と言う店が元祖と言われている。

ここの「さくら豚丼」は、地元女満別で飼育されている「さくら豚」のロース肉を炙り、鰻丼のタレに似たタレをかけたもの。注文して少し待って出てきたのは、ご飯の上に刻みキャベツが敷き詰められ、その上に豚肉が載っている。その上にアクセントとして刻んだ長葱ととろろ昆布が載っている。

754256723_235 美味しく頂き、空港に向かう。丁度ANAの名古屋行き、JALの大阪行き、AIR DO/ANAの東京行きの出発が重なり搭乗手続カウンターは賑わっている。国際線仕様のEチケットで航空会社から来たメールを印刷した紙をカウンターに出し、クラスJへの変更を申し出ると運良く空いていた。

手荷物も預け、2階の搭乗ロビーに上がる。以前利用した時より土産物屋のスペースが若干広くなった気がした。

お世話になった流氷堂さんと手荷物検査場の前で別れ、難なく手荷物検査を通り抜け、搭乗待合室に入る。

丁度名古屋行きの搭乗中で、未だ来ていない乗客を呼ぶ放送が流れている。

大阪行きはMD-90。製造元のマクドネル・ダグラス社がボーイングに吸収されてしまい、この機材は今や製造されていない。エンジンが最後尾にあるので静かなのが特徴であるが、非力な点が玉に傷。大阪→女満別の東行きは2時間掛かるが、ジェット気流とぶつかる西行きは2時間35分掛かる。

ほぼ満席の乗客を乗せ、14時05分に女満別空港を出発した。眼下に見える所々白い大地を見て、再度渡道出来るのだろうか、と感傷的になってしまう。

着陸時、かなり大回りしており、徳島や淡路島まで見ながら高度を下げる。そして16時40分に関西空港に到着した。以前は伊丹空港発着であったが、伊丹空港の便数と運用時間の制限強化で長距離便は皆関空に移った。

手荷物を受け取り、国際線到着ロビーに下りて宅配カウンターに行き大荷物を宅配便に出す。身軽になり南海特急ラピートで難波に向かう。

18時過ぎに難波に到着し、夕刊蒐集開始。

大阪市営地下鉄御堂筋線で梅田まで北上。一番最初に開業した梅田~心斎橋間はドーム状の天井になっており、照明も豪華。しかし、蛍光灯が切れた時どうやって取り替えるのか、興味深い。

750146418_75 754575363_120梅田から阪急で京都に向かう。車内は通勤帰りの人で混雑していたが、茨木市で座れた。

京都市内の地下線に入り、烏丸駅で降り、京都市営地下鉄烏丸線四条駅から京都に行き、ここから富山行きの夜行高速バスで帰途に就く。

京都駅前は東京や各地に向かう夜行高速バスの乗客で賑わっていた。

|

« 網走初(?)の同人誌即売会サークル参加 | トップページ | 富山に帰還 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/11882399

この記事へのトラックバック一覧です: 本州に帰還:

« 網走初(?)の同人誌即売会サークル参加 | トップページ | 富山に帰還 »