« 同人イベント評論家との邂逅 | トップページ | 取り敢えず見送り »

やらまいか、やめまいか

今日は午前中自宅安定、夕方書店に買物に行き、それから村田田さん宅にお邪魔し、昨日白川郷に行った際のお土産を渡して談笑。因みにお土産は「飛騨おっぱいプリン」(爆)。新潟県を中心に出てきたこの代物、何が「飛騨」かと言うと飛騨の幸運をもたらすとされる民芸品、「さるぼぼ」がパッケージに描いてあるだけ(笑)。

バレンタインデーの義理チョコに最高の逸品バレンタインデーラッピング無料おっぱいプリン バレンタインデーの義理チョコに最高の逸品バレンタインデーラッピング無料おっぱいプリン

販売元:美食関越道
楽天市場で詳細を確認する

キミは全て知っているか?!ご当地解剖図鑑根付(高山サルボボ)No.39 キミは全て知っているか?!ご当地解剖図鑑根付(高山サルボボ)No.39
販売元:ストラップヤ・MAX
ストラップヤ・MAXで詳細を確認する

その後田さんお好みのニコニコ動画を鑑賞したりして20時頃辞した。下はニコニコ動画を一気に有名にした動画である。

帰宅途中1つ思い付いて書店に寄り、新潟県の道路地図を買った。

Book 新潟県広域・詳細道路地図 (県別マップル)

販売元:昭文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

旅行手帳 Book 旅行手帳

著者:日本旅行文学会
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実はお隣新潟県の中越地方辺りの郵便局を周ろうか、と思い立ったのである。

夜出発して高速道路のETC深夜割を使い、途中仮眠すれば結構遠くまで行っても大丈夫かな、と思った。

丁度遠州弁で言うの「やらまいか(=やってみよう)精神」である。これは本田技研、スズキ、ヤマハ、河合楽器等世界規模の製造業を輩出した遠州人の根底にある考え方と言われる。

対して駿州は「やめまいか(=やめよう)」と言われる。進取の気性に富んだ遠江と温暖な気候に恵まれた上江戸時代も徳川縁の地として天領であった駿河の住民気質の違いと言われる。

こうも言う。「遠州人の下駄は前から磨り減り、駿州人の下駄は後ろから磨り減る。」

現在でもそれぞれの中心都市である静岡と浜松のライバル意識は凄まじく、静岡が清水を吸収して政令指定都市になったと思ったら3年後には浜松も周辺市町村を一気に合併して政令指定都市になった。

だっせんはともかくとして、帰宅して少し考えた。風呂に入って情報収集したらすぐ出発しようか、1日様子を見ようか、と。

結果として、1日様子を見る事にした。その前に有意義な旅行が出来るよう十分な情報収集をする事にした。特にローカル新聞の情報を仕入れておけば新聞調査にもなるので。

|

« 同人イベント評論家との邂逅 | トップページ | 取り敢えず見送り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/11133686

この記事へのトラックバック一覧です: やらまいか、やめまいか:

« 同人イベント評論家との邂逅 | トップページ | 取り敢えず見送り »