« 松山市内逍遥 | トップページ | 再び関西上陸 »

高松に移動

8時頃YHを出発。松山ICから高速に入る。この時間帯ではETCを付けていても特段割引はないが、時間短縮効果は大きい。

途中石鎚山SAで休憩がてら売店を覗くと伊予鉄道が経営しておりICカード乗車券が電子マネーとして使用可能であった。ここで土産物を買い、ICカードの残高をゼロにした。

香川県に入り、善通寺ICで高速を降りる。

それから快晴の中、善通寺市、仲多度郡琴平町、仲多度郡まんのう町の郵便局を周る。まんのう町内の郵便局は集配業務が廃止された郵便局が多く、広い局舎にポツンと切手が入った引出しと貯金端末が置かれているのが何とも侘しい。

昼食は途中見掛けたセルフのうどん屋で済ませた。

まんのう町最後の郵便局を周った後急いで車を琴電岡田駅に走らせる。駅併設の駐車場に車を停め、やって来た高松築港行き電車に乗り、瓦町まで乗る。

この駅は3路線が集まるターミナル駅であり、駅の上には天満屋が入っている。元々はそごうが入っており、これが琴電の民事再生法申請の原因となった。

琴電-古典電車の楽園 (JTBキャンブックス) Book 琴電-古典電車の楽園 (JTBキャンブックス)

著者:後藤 洋志
販売元:JTB
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この天満屋の中に貯金を17時まで扱っている高松コトデンビル内郵便局があり、訪問。

それからJR高松駅まで行き、キヨスクで新聞と駅弁を購入。

高松市街中心部を歩いてから琴電で岡田まで戻る。

21時過ぎに岡田駅の駐車場を出て、国道32号線を高松に向かう。今晩のジャンボフェリーで四国を離れるのである。

22時過ぎに高松東港のジャンボフェリー乗場に到着。

766059951_235s_2 0時30分発のフェリーを待っている間、駅弁で夕食。北海道の海の幸は旨いが、瀬戸内の海の幸も旨い。

766169255_182s766169255_200s23時40分、神戸からフェリーが到着した。次々とトラックや自家用車が出てくる。フェリーが身近にある生活が羨ましい。

0時20分頃こちらの乗船開始。ギャングウェイを上り、今回は2階の車両甲板に収まる。混雑しているようである。

車を停めた後客室に行き、座敷席で仮眠の準備をする。

766261154_41s766261154_100s766261154_209s766265020_113s

フェリー活用読本―気軽に楽しむ船旅ガイド Book フェリー活用読本―気軽に楽しむ船旅ガイド

著者:谷川 一巳
販売元:中央書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

|

« 松山市内逍遥 | トップページ | 再び関西上陸 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525820/20558156

この記事へのトラックバック一覧です: 高松に移動:

« 松山市内逍遥 | トップページ | 再び関西上陸 »